登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

向日市を専門とする不動産売買のサンケイ住宅サービス

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

自然を感じながらお散歩!向日市のおすすめ散策コース

2018-12-13

『西国街道』で歴史を感じながら散策しよう!

向日市は「西国街道」という江戸時代の街道が通っていた場所で、所々に歴史を感じられるスポットが残っています。
ここでは、手軽な散策用のコースをご紹介します。

スタートはJR向日町駅です。
「JR駅前ふれあい広場」にはトイレがあるので、済ませておくと良いでしょう。

南西に進んで阪急京都線の踏切を渡ると、築榊講常夜燈(つきさかこうじょうやとう)が見えてきます。
かつては街道を明るく灯していたそうです。
この先は、道路が石畳のようになっているので、歴史的な街並みを感じられるでしょう。
少し進むと「須田家住宅」があります。
純和風の建物で、京都府の指定文化財となっています。

西国街道はまだまだ続きますが、東の方へ曲がると「長岡宮跡」を経由して西向日駅へ行けます。
長岡宮跡は公園のようになっていますが、ここに都があったと思うと感慨深いですね。
また、駅の近くには「桜の径」と呼ばれるスポットがあり、閑静な住宅街の中に桜並木が続いています。
春に歩くとより一層、美しい景観を楽しめるでしょう。


普段とは違った特別な散策コース『竹の径』

向日市はタケノコの生産地として知られています。
「竹の径」は竹林の風情を残すために整備された道で、散策にぴったりの場所となっています。
長くしなやかに育った竹林の道を散策すると、スッと気持ちもリフレッシュできますよ。

駐車場はないので、公共交通の利用をおススメします。
阪急京都線の「洛西口駅」からバスに乗って、「向日回生病院前」停留所で下車徒歩5分です。
バスに乗らず、駅から歩いても20分くらいなので、適度な運動にもなりそうですね。

住宅街から一歩足を踏み入れると、そこは別世界。
全長1,800mに渡って竹が連なっていて、風が吹くと笹が揺れる音が聞こえてきます。
道の両側には高さ1.5メートルの「竹垣」が立てられており、手入れが行き届いている印象です。
この竹垣には8種類のデザインで構成されているので、見比べながら歩いてみるのも面白そうです。
ちなみに、秋になると「竹の径・かぐやの夕べ」というイベントが開催され、明かりが灯って幻想的な空間になります。

日常の疲れを忘れて、自然の癒しに触れてみてはいかがでしょうか。


西向日駅からすぐ!季節ごとに魅力がある散策スポット『向日神社と勝山緑地』

向日神社は、西向日駅から歩いて10分ほどの場所にあります。
台数に限りはありますが、駐車スペースも用意されているので、徒歩・車ともにアクセスしやすい神社です。

鳥居をくぐると、奥に向かって参道がまっすぐ伸びています。
毎年春になると、この両側に見事な桜の花が咲きます。
秋になると紅葉が綺麗で、参拝者を出迎えてくれますよ。
その先にある本殿は、重要文化財に指定されている立派な建築物です。
お正月には初詣をする人たちで賑わう場所です。

また、神社の隣には勝山公園があり、ブランコやすべり台といった遊具が設置されています。
このすぐ後ろには「元稲荷古墳」があって、小高い丘のようになっています。
散策や子どもたちの遊び場として利用できそうですね。


フッター